FC2ブログ

四十路の挑戦状(仮)

Top Page › 雑件 › 苦節7年、至福の時
2018-05-01 (Tue) 01:37

苦節7年、至福の時

いつも一緒に寝るのは長男。
家が3LDKのアパートで、3人兄妹と言うこともあり、机がスペースを取っているため子ども部屋を寝室にできず、四年生の息子を一人で寝せることができません。

僕は一緒に寝たいから構いませんけど、自分が子どもの頃、親と一緒に寝ていたかと言えば、答えはNO…

育児という観点では、そろそろ長男は一人で寝た方がいいと思っています。

僕は一緒でも良いんですけど(苦笑)



次男、長女は母親と一緒に寝ているわけですが、これまで一度も一緒に寝なかった娘が…

娘が…!

昨日初めて「パパと一緒に寝る」
と宣言し、ついに一緒に寝ることに成功しました(^-^)

苦節7年と2ヶ月。

ついに子ども全員と一緒に寝ることに成功です。

えぇえぇ…聞こえますよ…
「そんな簡単なことに時間かけすぎ」
「そもそも夫婦一緒の部屋で寝れば…」
「娘が寝たあとに布団入ればいい」

ご指摘はごもっともなんですけど、娘の意思で一緒に寝たことに意味がありまして、もう2年生ですから、冒頭の長男みたいに一緒に寝ちゃいけない年齢も近づいているので、何とかクリアできて良かったです。




二回目があるのか、次男は最近一緒に寝ていないな…などと、思うことは多々ありますが、とりあえずよかったよかった。
ということで、今回の記事にさせていただきました。

そして思うことは、
子どもの成長を考えたとき、今の間取りに限界があるのかなぁ…ということ。

でも家なんて買える財力はありませんし、3LDKを超える賃貸アパートなんて見かけませんし…
一戸建ての賃貸…
しか道は無いのかもしれません。

学校の校区を変えずに…など、制約はありますけど、これから先の日本は人口減によって、住宅が余ってくるとの予測もあるため、きっと賃貸の一戸建て物件も増えるはず!

まずはそこまで我慢しつつ、情報の収集は怠らないようにしたいと思います。




それまでは…

一緒に寝ても良いんだよ!子どもたち(^^;

早くも娘は翌日から僕のもとを離れていきましたけど(苦笑)



逆に、幼い頃から僕の布団にベッタリの長男が心配になってきます。
親離れ、子離れは大丈夫でしょうか…



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑↓よろしければ、ポチっとお願いします!


最終更新日 : 2018-05-01

Comment







非公開コメント