FC2ブログ

四十路の挑戦状(仮)

Top Page › 雑件 › 終わる休みと始まる現実
2017-05-08 (Mon) 02:00

終わる休みと始まる現実


暦のうえでは5連休でした。
実際に職場へ行かなかったのは1日でした。

どうもm(__)m
忙しい“ふり”が特技のオジサンです。
もうひとつ、体調不良の“ふり”という特技も持っていますが、最近発動したことはありません。

さて、皆さんは連休を満喫できましたでしょうか?
せめてマン喫(マンガ喫茶)くらいは行きたいと思っていた私ですが、そのような時間もお金もなかったため、連日仕事だったのは正しかったのかもしれません…

子どもに「今日も仕事?」と、起きてすぐに聞かれる時は、さすがに申し訳ない気持ちになりました。

決算業務が落ち着いたら、どこかへ連れていこう!
そう思いましたし、実行します。
長男は温泉に行きたいそうです。
えぇ…僕も行きたいそうです。

6月になれば、少しは落ち着くので考えてみます。
最近じゃあ記事のネタも単調なものばかりですし、たまには日常を離れてゆっくりしたい。
そんな事ばかり考えています。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

最終更新日 : 2017-05-08

Comment







非公開コメント

No title

「盲亀の浮木」人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。
2017-05-09-07:02

大自然の法則 URL [ 返信 ]